インクの過去と現在

インクは5000年前に油煙や松煙と膠の混合物による黒色のものが中国で、石の表面に絵や文字を刻むために生み出されました。
紀元前4世紀には古代インドで墨が使用され、文明が栄えた地域では様々な色のものが発明されています。 つけるタイプは、羽ペンやつけペンなど現在でも使用されていますが、カートリッジに内封された手が汚れないタイプは、953年にエジプトで万年筆の原型が開発されました。
ボールペンは最も遅く、飛行機の登場まで待たなければいけません。
気圧の変化により万年筆では液漏れが起こるために、1938年にボールペンが登場しました。
文字を自らの手で書くタイプは、現在まで様々な進化を遂げています。 では自らの手を使用しないほうは、15世紀に活版印刷の登場とともに変化を見せることになります。
それまでのものでは印刷に向かなかったのです。 そのため活版印刷に向いたものを開発する必要があったのです。 現在筆記用具としては、ボールペンの普及によりインク自体に向けられることはほとんどありません。 ですがパソコンの普及により、インク自体を認識する人がでてきました。 家庭用プリンターのほとんどは、インクジェットプリンターです。
プリンターを活用する機会の多いかたは、レーザーを使用しているようですが、プリンターの頻度がそう多くない一般では、本体価格が安く手軽なインクジェットは家庭用プリンターとして普及しているようです。 インクジェットプリンターは、カートリッジに内封してあるインクを使用します。 カートリッジを交換するということはインクを交換するということで、インクに触れることの少なくなった現代人が、再び触れる転機になったのです。

[外部リンク]
エコにもつながる、リーズナブルなリサイクルトナーを販売しているサイトです >>> リサイクルトナー



Copyright © 2014 インクの種類について All Rights Reserved.